北海道上富良野のスポーツショップ「K-Sports」です。野球用品などスポーツ用品を販売。

西アフリカブルキナファソの少年たちが日本でプロ野球選手になる夢を叶えようと果敢にチャレンジしています。

このプロジェクトをサポートしているのがブルキナファソの野球普及活動を行っている団体「ブルキナファソ野球を応援する会」で前代表の出合祐太氏が富良野市に在住していることから、その活動拠点が富良野市となっています。

ブルキナファソ野球応援ふらのメロン

当社では「ブルキナファソ野球を応援する会」の活動に賛同しこの少年たちを応援するため活動拠点でもある富良野市で育ったメロンを販売し売上金額の一部を「ブルキナファソ野球を応援する会」へ寄付させていただきました。

プロチャレンジプロジェクト

プロチャレンジプロジェクト第1弾(2013年)

2013年6月7日にサンホ・ラシィナ君(当時16歳)が来日。

約3週間北海道富良野市で練習に励み四国アイランドリーグ「plus・高知ファイティングドッグス」のトライアウトを受け不合格となるものの高知での一ヶ月の成長が認められ練習生として受け入れていただき現在も同チームでプロ野球選手への挑戦を続けています。

プロチャレンジプロジェクト第2弾(2014年)

サノー・アミール君(当時17歳)

カファンド・アミール君(当時16歳)

セイドリック・ジニオ君(当時18歳)

サノー・ファリーデウ君(当時16歳)の4名が来日。

富良野市を中心に練習に励み、高知ファイティングドッグスのトライアウトを受けサノー・ファリーデウ君が練習生として受け入れてもらいましたが9月には4名揃って帰国しました。

プロチャレンジプロジェクト第3弾(2015年)

ボンクンゴ・カデル君(17歳)カファンド・イス君(15歳)ジダ・エジニさん(30歳)女性 の3名が来日しています。

ジダ・エジニさんは大会運営や審判技術の向上、コーチングを中心に野球を学んでいます。